TOP > プラネットゴールドについて > プラネットゴールドとは

【プラネットゴールドとは】

プラネットゴールドは研究開発により生まれた金と同じ色調を持つ弊社オリジナルの金属です。

プラネットゴールドの主な成分は、市販の「アルミニウム青銅」(Cu-Al-Ni-Fe-Mnの5元系)に近い配合です。

アルミニウム青銅は、強度、特に耐力と硬さが高く、耐食性・耐海水性・耐腐食疲労性・耐摩耗性などが真ちゅう(黄銅)に比べて優れた特性を持っています。そのため、化学工業部品、船舶部品、機械部品等に多く使用されています。

しかし精密鋳造等の鋳物には向かず、一般的に展伸加工材としての用途は多くない状況です。

なぜならアルミニウム青銅は金色味を帯びた合金であるものの、2~3ヶ月のうちに変色が始まり、1年も経つころには最初の輝きは完全に失われてしまうからです。

この色調の変化を抑えるべく試作を重ねて開発したのが、プラネットゴールドです。

大気中での腐食は、表面に付着する水と空気中の酸素によって起こります。

大気中にある金属への水の供給は、降雨、結露、及び湿分の凝縮によって行われます。屋内での腐食における水分の供給は、ほとんど湿分の凝縮によるものです。

この湿分の凝縮と酸素の反応が、プラネットゴールドに与える影響を試験した結果として、酸化皮膜の形成はあるものの、その成長は抑制され黄金色の色調を阻害することなく、いつまでもその色調を保持出来ることが確認されました。

また、人の手に触れることから人工汗浸漬試験を行い、色調に変化の無いことも確認いたしました。

フリーダイヤル